07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

不公平? そうかしら、、、

2017.01.30 (Mon)

「妻」となった以上、ベッドの上でさまざまな艶技を弄してオトコを誘惑するのは「お仕事」でございまして
要するに、ベッドの上でいかにして脚を開かされるか、というだけのことですけど
でも、
うちの主人は、それがなかなか難しい。

上品なママの手で、聡明でやさしい草食系男子として「理想的ないい子」として育ったオトコ

下品なPieの魔手で、破廉恥で図々しい肉食系野獣派のオトコに飼育しなおす
ということになるわけですから、戦略と戦術が必要。

で?
Pieはいろいろと。
かわゆく、ときには過激に挑発し、ときにはおしとやかに涙を流し
わたくしの情熱と愛情のすべてを注ぎ込んで、「最愛の夫」を作っております。

「妻」となった以上、AnusにKISSはされてしまうわけでございまして
もちろん、わたくしも。何度も、何度も。
お尻に鞭も

でも、
わたくしが、主人のAにKISSさせられたことはございません。
なぜか、要求されなくて、わたくしも、絶対に、絶対に、絶~~~~~対に、それは嫌!!!
それっぽいことを結婚する前にお話ししたことがございまして、ず~~っと主人はそのことを忘れていないらしい。

うちの主人は、そういうところが真面目で、紳士的で、Pieにレスペクトを
そのかわり、Penisはしゃぶらされますけど。

それは、我慢するしかないのでしょうね。
これは、拒否できません。フェラができなかったら、妻として失格。

AnusへのKISSのお話。
わたくしは、AにKISSしていただき、「ア~~ン」って歓び
主人にはしてあげなくて
これって、不公平?

いいえ
性戯ってそういうもんだと思います。
勝手な言い分?
でも、わたくし、Anal SEXをしていただけそうなときは、徹底的に準備いたします。
 前日にヨーグルトをしっかり食べて
 オフィスを出る前に、自分でおなかのなかを綺麗にしまして
 おうちで、1リットルのジャスミン茶を主人の手で
犬の首輪でつながれて、限界まで耐え抜き、エスコートしていただきトイレに。

背後から抱いていただきながらトイレを
浣腸プレイのときは、最後まで。

で、
そのあと、シャワーでAnusを徹底的に綺麗にして
それから、彼の待つベッドルームに
 両手を後ろに回して
、うんとかわいく 「Pieを縛ってください」って

Anal SEXのときは、縛られていた方が背徳的で、主人もわたくしもますます淫乱に
Pieは、催淫剤をお尻に使われて

って、そんな感じで
こういう準備をしてのANAL KISS。KISSされるのはPieだけ、って当然でしょ?

主人に浣腸?
したことありますよ。
ジャスミン茶に、わたくしのOsickoをブレンドして。
すっごく嫌がり、もがきましたが
そのとき主人のPenisがキンキンに。

怖いママに飼いならされて隠れていた<M>の部分が、ついに表に出てきたんだと思います。

SとM
交錯し、相互に肥大化していくのかも、、、わたくしも、そんな感じ。

わたくしは、Mの方により多く
主人は、Sのほうに。
二人合わせて、ひとつの大きな円に。

あ~~、結婚できてよかった!
わたくしを妻にしてくださったのですから、心から愛をこめて。

どうぞ、Pieを幸せにしてくださいませ!
わたくしも、精いっぱい努力して、あなたを幸せにしてさしあげます。

どうぞ、また縛って、Pieを泣かせて!
09:55  |  これも愛! これこそ愛!  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

AとVを性器に!

和巳サマ

Anal SEXって、こんなにいいなんて想像もしていませんでした。
背徳感

とくに犬の首輪をかけられて、床の上に四つん這いにさせられて、ANALを責められると、なぜか異常に燃えまして、

両手を後ろで縛られて、っていうのも好き!
SMって愛の結晶ですものね。

それにしても、ひどい文章。書き直しておきます。
Mrs.PIE |  2017.01.31(火) 05:30 | URL |  【編集】

なるほど、演技ではなく、艶技ですか。
上手いな~。
そして、なるほどですね~。

セックスの時、それなりに雰囲気には気を使いますものね。
特に女性のそんなロマンティックを求める気持ちを裏切りたくはないものです。

男としても艶技が必要ですね。
和巳 |  2017.01.30(月) 21:02 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mrschocolate2.blog.fc2.com/tb.php/4573-e9b22e2e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |