07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

冬の蜘蛛

2016.11.20 (Sun)

883

9月から彼女はず~~とここに住み続け
 彼氏を食べてしまい
 嵐の夜も一人で耐え

この寒い夜
冷たい雨に耐え

ず~~っと蜘蛛の糸にぶら下がり
こうして生きていく

ひとりぼっちで寂しくないのかしら?
静かに、自分の寿命の尽きるのを待つだけの日々?

彼女は彼氏を食べてしまい、
 それはわかります。
 次世代のために、必要な行為。
では、もう子供を産めなくなった彼女は、どれなのに他の生物の命を食べて生きていく権利はあるのかしら?
彼女自身も、他の生物に食べられるべきなのでは?

蜘蛛、死ぬのが怖い、と思わないのでしょうね。
池田晶子さまが「死はこわくない」という哲学的な思考も、蜘蛛に通じる?

Pieは?
死ぬのが怖い。
お葬式が恐ろしい。

ひとりはイヤ!

20:08  |  すごい! すばらしい!  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mrschocolate2.blog.fc2.com/tb.php/4284-fe04016f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |