07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

イヤッ!

2016.10.22 (Sat)

うちの主人からメール。
 今日は貞操帯をしてなさい
って。

いやよ、そんなもん。
わたくしに貞操帯をかけたいのなら、ご自身の手で!
どーして、わたくしが自分の手でそんなことしなくてはいけないのよ!

たぶん、ボスがわたくしのお尻にタッチするのを気にしてるんでしょうけど
そのくらい、どーでもいいでしょ!

うちのオフィスはセクハラ・パワハラなんて日常茶飯事。
わたくしも、Cクンたちに
 「使えないわね!」
 「どーして、こんな簡単なことを!」
 「さっさと片づけて、さっさと帰って!」
 「コーヒーを!」
なんて、普通の会話気分で。

ボスは、ときどきわたくしのそばに来てはお尻にタッチ。
ボスが元気なうちは、うちのオフィスも安泰。

で、主人はわたくしに鎖の貞操帯を
バッカみたい。
今日はそんな気分じゃないし、それにもう貞操帯プレイにも飽きてきまして

それより、夜、きつ~~いSMエッチして!
昨夜のお縄、途中でズルズルになり、グダグダ。
もっときっちりと!

キュンとくるまできっちりお縄を!

とはいえ、うちはいつもズルズル。
お縄って、けっこう難しい!

本気モードで、めいっぱい悶えてみたい!
08:33  |  秘密なの!  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

Comment

美人ではございませんので、天下泰平

和巳サマ

ボスのオンナ
って、陰口を?
そういうときは、
うふふ
って、お返事を。
ミステリアスな女性の方が魅力的でしょ?

それに
ボスのオンナ
ってウワサは、ビジネスで使えまして、Pieを裏切ると恐ろしい事態に陥る、って。

主人は、少々気にしていますが、主人もボスの力に頼っている面もございまして

ボスの愛人は銀座のママ。
愛人のくせに嫉妬深くて、Pieとボスが並んで座っていると必ず間に入ってきます。

ふん、イヤなオンナ!
Mrs.PIE |  2016.10.23(日) 08:09 | URL |  【編集】

うちのボスはビョーキ!

ALTさま

うちのボスは、ビョーキ!

何よりも働くことがスキで
何よりもゼニがスキで
そして、銀座のママを困らせるようなことばかりして
たまーに、Pieに悪戯を!

わたくしは、ボスに拾われてこの業界に入り
その後も大恩がございますから、訴えるなんてとてもできなくて

というより、
コミュニケーションのひとつのような気もいたします。

主人は少し気にしてますが、わたくし、浮気はいたしませんので、ムニュムニュ小さなお声で言うだけ。
「スカートの中に手を入れることができるのは、世界であなたひとり」と言ってあげると納得しております。

というわけで、世界は円満に回転しております。



Mrs.Pie |  2016.10.23(日) 08:02 | URL |  【編集】

ボスの「尻タッチ」について-

セク「ハラ」
セクシャル「ハラスメント」
セクシュアル「ハラスメント」

「ハラスメント」(もしくは省略後の「ハラ」)という単語を使うなら、
ボスの「尻タッチ」は、Pieさんが公的機関(もしくはそれに準ずる機関)に
被害を届け出て、ボスに法的措置を与えることができる
危害
とみなすことができると思います。
パワハラも然り。

もちろん、Pieさんの会社は現代の法的常識がほぼほぼ通用しない
時代遅れの会社であることは重々承知しています。

でも、「セクハラ」「セクシャルハラスメント」という単語を使い続けるなら
いずれボスに「お縄」が下るのでは?と思います。

余談:ボスこそ、何らかの「病気」を抱えてるのではないでしょうか?
ALT |  2016.10.22(土) 23:24 | URL |  【編集】

ボスにお尻触られてるんだ?
それだけPieさんが魅力的だってことさ。

自分の女が、自分の見てない所でどんなことされてるのかって興味あるな~。

ボスと浮気?

まあ、そんなこともあるかもしれない。

だけど、私は浮気されてめそめそするような男じゃない・・・。


その時は、きついお仕置きさ(笑)
和巳 |  2016.10.22(土) 20:45 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mrschocolate2.blog.fc2.com/tb.php/4071-d06a54bd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |