09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

メアリー・スチュアート

2016.09.27 (Tue)

16世紀、エリザベス女王によって幽閉され、首をはねられた女王メアリー・スチュアート

スコットランドからフランスにわたり、フランス王室の芸術を愛し、その知性と美貌を称賛された女王。
でも、エリザベス女王に疎まれ戦慄の最期を!

処刑場となったファザリンゲイ城に現れたメアリーは
 白く透き通ったヴェール
 白のモロッコ革の靴
そして
 全身黒づくめ
 金の十字架のネックレス
 目隠し用のハンカチにも金の房飾り

処刑台の周りには150人の貴族
その外側には大勢の民衆!

メアリーが黒い衣装を脱ぎ捨てると、緋色のドレス!
民衆のどよめき
首切り人は、こんなに大勢の見ている前で女王の首を切ることに興奮し
手が震え
斧を振り上げて、メアリーの首に!

しかし、
 一撃目は、後頭部にあたり苦悶し、のたうちまわる女王
 二撃目も、首を切り落とすことができず
 三撃目に、ようやく

罪人の首を高く掲げ、見物している民衆に見せようとした
 メアリーは白髪を隠すために鬘をつけていて
 髪の毛を掴んだつもりが首が下に落ちてしまい
 メアリーの首は毬のように転がった、、、

白髪頭のメアリーの首が、生きているように飛び跳ねて、、、

お~~、怖!!!

中野京子『残酷な王と悲しみの女王』集英社文庫、pp.19-21

このご本は、女王たちの残酷極まりない惨劇がたっぷりと。
それにしても、お~~~怖!!!

メアリー・スチュアートのデスマスク
 やさしい微笑みを!
生前に、自分の手で?
死後じゃないと思いますけど、、、
三島由紀夫もそうですけど、死後は顔の筋肉が硬直しその後弛緩するから、こんな穏やかなお顔にならない?

エリザベスの母親のアン・ブーリンも!
凄い世界

19:58  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mrschocolate2.blog.fc2.com/tb.php/4013-b692037c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |