06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

凶暴?

2017.07.23 (Sun)

0723a66


Pieがオフィスの皆様に
 お忙しいところごめんなさい。ちょっとお時間を
というときは、ムリなことをお願いするとき

 ちょっといいかしら、確認したいことがございまして
というときは、爆発寸前で、呼ばれたら胃が痛くなるらしい、、、

確かに、言われてみればそうかも、、、

言い方の問題?
いいえ、中途半端なことをやる方がいけないのでありまして
そう思いますけど。

踏んづけてやりたくなることも、ときどき。

20:01  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

バッタ

2017.07.23 (Sun)

0721w9

こんなお姿をしていたら、絶対に見つかりっこない。
 動かなければ
それが、ピュンピョン跳ねまして

すぐにわかってしまい

なぜ、これほどまでに葉とそっくりのボディにまで自らを変化させておきながら、ピュンコピョンコ跳ねるのでしょう?
じっとしてれば、見つかるはずないのに。

変な子たち。

あまり真面目に逃げているとも思えず、
不味そう、、、

19:56  |  すごい! すばらしい!  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

オリンピック

2017.07.23 (Sun)

そんなもん、どーだっていい!
と思うのはわたくしだけかしら?

意外に多いのでは?

アフリカの、灼熱の大地の上でひたすら走る、投げる、笑う!
それでいいのでは?

オリンピックって、国力を競うイベント?
違うでしょ?

欲の皮の突っ張ったおバカさんたちが、経済効果はいくら、、、ってウソばっかり。
経済効果なんて、釣り師の法螺と同じ!

よそさまにお譲りし、のんびりゆっくり。

サッカーのワールドカップも。
日本が勝ってしまったら砂漠の国の青年たちのお立場がなくなるでしょ?

負けていいのよ!
それで日本は世界と円満に。
何もかも、、、ってそれは欲張りすぎ。

ところで、世界新記録
いつまで、「新記録」が出るのかしら?
人間の限界まで辿りついてしまったら?

パラリンピックの方が記録が良い、という時代が来るのでは?

19:33  |  Seabird, see the world!  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

西施

2017.07.23 (Sun)

呉王夫差に献ぜられた絶世の美女西施
越王句践の計略

西施は、どれくらい美人だったのでしょう?
 Pieのほうが、、、って、そういうリップサービスはいいの!
 たぶん、漢族っぽく美しく、漢族っぽく聡明で、漢族っぽく気品があって
漢族って、長い歴史の中で磨き抜かれた女性がいまして、

日本に中国の美女軍団がデビューしたら、絶対に中国ブームが起きる!
過去の歴史の中で、中国ではさんざん美人計が行われてきた。

日本の国力を削いで、若者の中国寄りを演出するなら、中華美人の日本芸能界デビュー
ゴルフも


日本は、これをされると必ず中国への友愛を誓う若者が大量に出てくる。
なにしろ、迎え撃つ日本の「美女」はAKBよ!
あんなもん、簡単に蹴散らされて、優秀で強い男は中国美女に

うちのオフィスでも、こんどきた女性はメチャクチャの美人。
 汗をかかない!
 ウエストのくびれなんて、神秘的!

あ~~、美人は得だ!!

06:53  |  Seabird, see the world!  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ボスの業務命令

2017.07.23 (Sun)

『孫子』がPieのデスクの上に。

Pieにこういうことをするのは、ボスだけ。
 月曜日までに読んでおけ
ということでございまして

要するに、いろいろと悩んでいる主人にこれを、ということで
Pieを通じて

計略はたいせつ
孔子ご自身は、魯の国を孔子らしく潔癖に治め、でも魯公が斉公の色仕掛けに篭絡されて、孔子は旅に

論語は、渋沢栄一的にはすばらしいのでしょうが、それは大資本の巨大企業の中間管理職が学ぶことで
うちのような弱小オフィスは、仁義なんて踏みつけて

さあ、今夜も妻のボディにお縄を食い込ませたかったら、『孫子』を、、、
って、主人は、漢族ですからこのあたりは詳しく

逆にPieにいろいろと教えてくださいます。
『孫子』について話すことで、主人が自己コントロールできるように、というボスの配慮

感謝しつつ
でも、Pieのお尻にタッチした件と、これとは別会計よ!

普通のタッチではなく、指が、、、ここがPieの急所だってご存じのくせに
特別割増料金をいただきます!

06:33  |  Seabird, see the world!  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT