10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

なんだか不思議で不愉快なお話

2017.11.21 (Tue)

日馬富士サマの「暴行」事件。

暴行って、そうなの??
先輩格の人が話しているとき、彼女からの電話に出て表情が緩んだら、そりゃー、殴られるわ!
あたりまえでしょ!

うちのオフィスで、ボスが話しているときにそんなことしたら、翌日は「出張」命令が出ていると思います。
もしPieが話しているときに、Cちゃんがそんなことしたら?
そうね、、、赤道直下のジャングルに戻ってもらうことになると思います。
 まあ、暑いところに、、、お元気で。
って。そんな感じで。
そういうものでしょ?

そもそも、「暴行」ってあったのかしら?
貴乃花が言ってるだけで、誰もそんなこと言ってないのでは?

と、言いつつも
わたくし、相撲にはまったく興味がなく、ボスからお誘いをいただいたことがございますが退屈そうでご遠慮させていただきました。
そもそも、升席に座るのがイヤ!

白鳳は好き!
運動神経が良くて、スポーツっぽいので。
ほかの方々は、、、、

ラグビーなら見に行きたい!
でも、木枯らしの吹く寒い日はイヤ!
06:50  |  Seabird, see the world!  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

戦いによって何を得るか?

2017.11.19 (Sun)

USはN-Koreaと戦っても得るものがない。
そもそも、Asiaを混乱の中で右往左往させるのが20世紀後半のUSの戦略的構想。

N-Koreaは中国支配でいい、とPresident TRUMPは内々に中国に伝えたようで、それに対してRussiaが猛烈に怒った
と、大人は言うのですが、いかがでしょう?

中国主導でAsiaの平和を。
貿易が盛んになれば、自然と対立は収まる?

華人たちの考え方は、リアリズムそのもの。
お勉強になります。
06:28  |  Seabird, see the world!  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

相撲の暴行事件?

2017.11.18 (Sat)

どうしてこんな事態に?
ことを大きくしたのは貴乃花。

なんだか対応もおかしくて、胡散臭い、、、と思いますけど。
そもそも、貴乃花以外は、当事者たちも含めて、みなさまこと大きくしない方向で考えていたようですが
警察に被害届
これで決まり。

変なお話。
モンゴル系の方々の結束は強く、モンゴルと日本との関係も良好。

貴乃花は、遠謀深慮?
モンゴル系力士が、将来、相撲協会の幹部を牛耳ることは許さない、って?

そうなの??

それにしても変なお話。

07:49  |  Seabird, see the world!  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

小池様の最大の失敗は?

2017.11.15 (Wed)

そんなのわかりきったことで、
小池様凋落の元凶は、民進党と合体したこと!

有象無象
見識も節操もないクズ連中が、いっぱい。
少数精鋭できっちりと一歩一歩踏み越えていけば、まだ政治生命を保つことができたのに。
残念ね。

舛添前知事も政治音痴で、自民党に残っていれば大幹部で総理候補だったのに、、、
所詮、、、って、民主主義って、優秀な人材を選ぶことができない制度で、これからもドタバタが。

その点、中国共産党は賢い?
そうとも言えないなあ、、、

うちのオフィスは、ボスがリタイアしたら解散。
Pieもそのつもりで。
主人とふたりで、どっかの喫茶店を居ぬきで。
1日、コーヒー5杯売れれば、、、

それとも、、、
う~~ん、ボスには頑張ってもらいましょう。

20:49  |  Seabird, see the world!  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

なるほど、、、

2017.11.15 (Wed)

1114w16

実際には、男は、女に比べてずっと不利な状況の中で生きている!
って、そうね、、、そうかも。

とっても面白い指摘。

女性は被害者を装うことで、男性を罠にはめることができる!
恋って、そういうものかも。
 わかってるわね、あなたは一生、わたくしに尽くす人生を送るのよ!
 お買い物? あなたのカードで!
 セックス? 面倒だからわたくし寝てます。どうぞ、お好きに
とか、、、

でも、ちょっと違うなあ、、、

小池様が、「ガラスの天井」って。
それも違う。彼女には、もともと政治に関する能力が欠如してるだけ。

小物しか周りにいない、って、それは小池様がそれだけの人物なわけで
パパ小泉サマが寄ってくること自体、変!


06:50  |  Seabird, see the world!  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT